2007-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の鬼ごっこ 第3話

 どうも最近疲れが溜まって貯金は貯まらないミッチーです。


どなたかボクに癒しをくれる方を募集致します・・・(切実)


では、大人の鬼ごっこ3話目スタートです。


最初から読まれる方は大人の鬼ごっこ 第1話



・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・



初めて出会った参加者はどうやら鬼ではなく逃亡者でした。



ホッと胸を撫で下ろしながらもこのスリル。。



結構ビビッと来ました。



しかしボクが見つけた彼はボクに気づいていない様子。



やはり彼も挙動不審です。



周りをキョロキョロ見回しています。



ボクとの距離は2㍍ほど、それでも気づかないのです。



恐るべし鬼ごっこ。



すると彼が驚いているではないか・・・



なんだろう!?



ボクは近くから眺めていた。



!!!!!!!!!!



鬼登場!!!!!!!!!!



電車に乗り込んできた



鬼!! 鬼!!! 鬼!!!!!!!!


もちろん彼は捕まり、その場で鬼になっちゃいました。



ボクはその光景を目の前で見ていました。



これでこの電車には鬼が2人・・・



見つかるのも時間の問題です。。



これはYABAI・・・



ボクは迷った。



この場で静かに乗客を演じるか、そそくさと逃げるか・・・



俳優でないボクには数分の演技も出来る自信はなかった。



サッと電車を降り、大阪駅をブラブラ。



ボクの心臓はまだドキドキ・・・



「駅構内に不審物を・・・」の放送にもドキドキ。



しばらくして、もう1度電車に乗ろう!



そう思って環状線のホームに行くと。



目の前に鬼が・・・・



鬼だーーーーーー!!!


エスカレーターに乗っているボクに逃げ道無し。



両手を上げて降参です。



捕まってしまい、鬼になってしまったミッチー。



さて他の逃亡者を捕まえることが出来るのか!?



↓遅くなってスミマセン。。。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

大人の鬼ごっこ 第2話

 環状線内で鬼ごっこをした時のレポートです。


第1話は大人の鬼ごっこ 第1話



スタート地点は弁天町。



この日ボクは初めて弁天町で電車を降りました。



幸先が不安です。



13:30分。スタートの声で逃げる人々は一斉に散っていく。



もちろんボクもその中の一人でした。



2時間の制限時間をどうやって逃げ切るか、考えを張り巡らします。



まずボクは「腹が減っては戦は出来ぬ」と言う言葉を思いだした。



何より先に腹ごしらえをしよう。



幸いにも環状線のあらゆる駅には立ち食いうどんの店がたくさんある。



と言うことで天王寺に向かった。



鬼は10分後のスタートなので、まだ大丈夫だろう。



ボクは店内に入り、天ぷらうどんを注文。



「はやっ」



約30秒でうどんが出てきました。
もちろんうどんはシコシコでした。



さすが環状線内。。。



・・・・・・・



伸びる前にうどんを食していると、鬼が動き出したとの報告が。。



・・・・・・・・・・・・



5分後・・・・



そそくさと完食!!!



ボクも早かったです。



さぁどこに逃げようか。



何も考えずに電車に乗り込みます。



ちょっとドキドキしてきました。



電車が駅に着くたびに外を気にしているボクがいます。



環状線の車窓から~~~♪



明らかに挙動不審です・・・



電車の中でもチラチラ周りを気にします。



一体どの駅で降りると良いのか・・・



19駅ある中の安全な駅は!?



答えが出ません。



電車の中も何か危ない気がするので、西九条で下車。



駅の喫煙コーナーで一服し、来た電車に飛び乗りました。



鬼が乗っていないことを祈ります。



・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・



開始30分。。



鬼が5人に増えたとの情報が入りました。



電車ってこんなに心細い乗り物なのか。



初めての感覚です。



ドキドキワクワクしながら大阪駅に到着。



電車から降りてホームを見渡すと






!!!!!!!!!




参加者がいます。



果たして鬼なのか仲間なのか!?



・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

大人の鬼ごっこ 第1話

 大人の鬼ごっこに参加してきたミッチーです。



「大人の鬼ごっこ」響きだけでもゾクゾクしませんか??



○ク○ィと言う某サイトでボク見つけたのは。



ちょっと変わった鬼ごっこしませんか?興奮度100%!!


         
『 JR大阪環状線鬼ごっこ 』


それを見た瞬間ボクは興奮という言葉に胸踊らされた。



ウンコが漏れるほど興奮したい!!!



スミマセンそれは脱糞でした・・・



どれほど興奮するのか!?



参加してみないことにはわかりません。



意を決して参加してみました。



それが先日行われたのです。



参加者は18名。



軽く挨拶と自己紹介をした後に鬼を決めることに。



最初の鬼は2名。



しかし鬼が一人捕まえると、捕まった人も鬼になるという・・・



鬼・・・いや、ゾンビです。



ゾンビから逃げきる為に環状線内をぐるぐ~る♪



内回りにするか外回りにするか。。。



ずっと電車に乗っているのか!?



それともどこかマイナーな駅で籠城するか!?



いろんな考えが頭の中で回ってます。



と、考えているうちにスタートの時間が!!!



さぁ鬼ごっこスタートまで後10秒。



・・・・・・




・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・



アディオス!!!


さて、始まった鬼ごっこ。



ミッチーは逃げ切ることが出来るのか?



それともゾンビになって追う側に!?



それはまた次回。


↓押して下さると励みになります。
FC2 Blog Ranking

愛と勇気と友達

 最近涼しくなってきましたね。



どうやら鼻水が止まりません。



これは風邪ですか???いえ、ミッチーです。



子どもってアンパンマン大好きですよね。



はい。ボクも好きです。



そのなかでもロールパンナちゃんは一押しです。



この様なおもちゃで子ども達と遊んでいました。


20070911013544.jpg



左から
メロンパンナ カレーパンマン アンパンマン ショクパンマン バイキンマン です。


アンパンマンの歌

そぉ~だぁ~♪


嬉しいんだぁ~生きる喜び~~♪


たと~え~胸の傷がぁ傷んでもぉぉぉ♪



と鼻歌を歌いながら遊んでいると、



一人の子どもがあることに気づきました。



子ども「せんせ~ぃ。これ取れる~~」



ミッチー「お!おもしろいやんか」



とボクも混じってアンパンマンに細工です。



・・・・・




・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・



5分後。


アンパンマンの歌(ミッチーバージョン)
そぉ~だぁ~♪


嬉しいんだぁ~変える喜び~~♪


たと~え~元の顔がぁ違ってもぉぉぉ♪


20070911013554.jpg




左から
ショクキンマン メレーパンマン アンキンマン カレーマンマン メロン味の食パンに。



すると、これを見たもう一人の先生が。。。



ブチ切れた・・・・



「コラァーーーーーーーーー!!!!!」

「首獲らない~~~!!!」




もちろんボクは知らん顔。。。♪



どうやらその先生は首を取るとすごく怒ります。。



首に何か嫌な思い出でもあるのでしょうか???



昔アンパンマンに寝首をかかれたとか・・・


それは闇の中。

↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

仲間を探して今日もゆく 4話目

 前回遂に仲間を一人ゲットしたミッチーです。
ゲット出来た喜びで皆様には勘違いをさせてしまうと言うミスまで犯してしまい・・・申し訳御座いませんでした。
問題の記事は・・・仲間を探して今日もゆく 3話目

 
 では、浮かれ気分のミッチーは如何に!



園で気軽に話を出来る仲間を得て職場に行くのが、



楽しくなって参りました。



残る敵(保育士)は2名。



家で次の作戦を考えている時です。



プルルルル・・・・


着信あり(職場)



何かしでかしたのか!?とふと考えてみた。



しかし、そんな事は無いだろうと思い通話ボタンを押した。



ミッチー「もしもし。はぃ。はぃ。。は・はぃ。。。」




・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



前園の先生が急に体調が悪くなったとのことで、



どうやら9月から梅田園に戻って来いとの指令でした。



も・戻れる!?



それにしても急です・・・・



心の準備が・・・・・



仲間との別れが・・・・



まぁ、使われてる者としては従うのが世の情け。



と言う事でミッチーの仲間探しは終了。。。



こんなラストで本当に申し訳ないと思いますが・・・



実話に基づいて書いてますのでお許し下さい。

↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

訂正とお詫び・・・

 毎回毎回たくさんのコメントありがとう御座います。



皆様のコメントを読んで、



記事を読み直してみると訂正したい箇所が・・・



実はデブ専のボク・・・



すみません・・・



実はデブキャラ専のボクの誤りです。



ストリートファイターで言えばザンギエフ!


ドラゴンボールで言えば魔神ブウ!!



こんな感じです。。。



女性の趣味は特にありません。



いつもニコニコ笑っている子がいいですね。



あ、、、後ロングヘアーに憧れます。。。



本当に申し訳ありませんでした。



では、また本編でお会いしましょう!!!


仲間を探して今日もゆく 3話目

さて、今回の大冒険も佳境に入ってきました。
今日も頑張って行きます。

前回の記事はこちらに 仲間を探して今日もゆく 2話目

最初からもう1度読もうというアナタは 仲間を探して今日もゆく 1話目


保育士D「ミッチー先生ってヲタクやんなぁ???」



この一言でその場はフリーズしたような気がした。



しかし、ボクは敢えて言おうヲタクではない!!



ヲタクに成りきれないヲタク予備軍である!!!



ゲームヲタ?

ゲームは何でもするさ、でもクリアしたらやる気は0に・・・



アニメヲタ??

もちろん見るがキャラを愛することは出来ない・・・



マンガヲタ???

マンガは何でも読むけど、全ての内容なんて覚えていない・・・



パソコンヲタ????

使えることは使えるがブログを書くのが精一杯だ・・・



野球ヲタ?????

観るのは好きだがやるほうは体がついていかない・・・



2ちゃんねら~??????

2ちゃんねるを読んでいると目が痛くなる・・・



ニコニコ中毒??????

好きなのはいさじ兄貴の組曲ぐらいだ・・・



そうボクは中途半端なのである!!!



なにか一つになんて決められない。。。



確かに何か一つでも飛び出ていればそれが趣味です。



と言えるだろうが、今のボクにはそんな知識など無いわけで・・・



今、ボクがヲタクですと主張するなら・・・



それは全国の本物のヲタク様に迷惑がかかってしまう。



ミッチー「ぇ??ど・どうしてですかぁ?」



この一言の間にボクの頭の中ではこれだけの考えが巡っていたのです。



そして言いました。



ミッチー「違いますよ~」



保育士D「そぅなんや。なんかヲタクっぽいし」



ちょ!!!!!!



その一言はミッチーに大ダメージを与えた。



ボクは周りの人にヲタクっぽいって思われてるんだ・・・



・・・・・・・




・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ダメです反応ありません。




・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・



でも、ボクの中で何かが壊れた。。。



そのまま保育士Eに口撃をしかける。



ミッチー「E先生はゲームとかします??」



この質問、普通のボクならしていないはずだった。



だって、20代の女の子にいきなりゲームしますか??



なんて聞きますか・・・



しかしその保育士Eの答えは予想を超えていた。



保育士E「まぁ、ちょっとね」



ミッチー「ぇ???ゲーマー???」



またしても失態だ・・・



ゲーマーなんているはずもない。。。



保育士E「いやいや、ゲーマーなんて恐れ多いよ」



保育士E「最近OROCHIぐらいしかやってないしね;;」



O☆RO☆CHI


OROCHIとは言わずと知れたゲーム三国無双OROCHIです。



まさかOROCHIの名前が出るとは・・・



しかし無双を少しかじっていたボクは会話を続ける。



ミッチー「ボクは猛獲が好きなんですがどうですか???」



猛獲とはデブキャラである。いや、、、南蛮王です。



実はデブ専のボクにとってHEROである。



保育士E「ぇ??あんなの無理やし。。。やっぱ孫策様がかっこいいわ」



やはり猛獲は受け入れて貰えないのか・・・



しかし登場キャラに「様」を付けていたのを聞き漏らさないボク。



その後の休憩時間は無双の話で盛り上がりました。



何はともあれ仲間一人ゲットだぜ~~~!!!



保育士Dから受けたダメージも回復し仕事に戻るのでした。



残りの敵(保育士)2人。



そろそろエンディングも見えてきましたね。


実は本当に趣味らしい趣味無いんです(爆)

何か絞り込める趣味が一つぐらいあればいいなと思うこの頃です。

上記以外には茶道・ルービックキューブ・数独・小説などかじってます。

何かこれいいよって言うのがあれば紹介して欲しいです。

↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking




仲間を探して今日もゆく 2話目

 昨日は忙しかった・・・・



いや、今回は本当に忙しかったです(汗)



アウェーで2連敗をしたミッチーが戻って参りました。



詳しくは仲間を探して今日もゆく 1話目



さぁ今回は仲間ゲットなるのか!?



敵地で手痛い洗礼を受けたわけですが・・・



「諦めたらそこで試合終了ですよ。」by安西先生



ボクはまだやれるっ!!



気を取り直してさっそく3人目の先生に口撃を仕掛けます。



実はこの先生は少しだけ知っていたので話しかけやすかったんですが。



ミッチー「久しぶり!ヨロシクね^^」



保育士C「ゥん。まぁ頑張って~!」



・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・




スタスタスタ・・・・



                以上!?



まさかの予想もしない展開にキョトンとするボク。。。



そこに新たな敵(先生)が口撃を仕掛けてきた。



保育士D「ミッチー先生ってヲタクやんなぁ???」



ミッチー「ぇ??ど・どうしてですか?」



ス・ス・ストレートです・・・



藤川球児並みのストレートをこんな所で味わうとは・・・



ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ …

遂に言ってしまったね・・・



次回ミッチーの趣味が暴かれる!!


↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

仲間を探して今日もゆく 1話目

世界陸上は大盛り上がり!ミッチーのブログは人気低迷です。



 正直・・・忙しいです。
スミマセン本当はパワプロ14で選手作りに励んでます。。。

日本橋の園に来て1ヶ月が経とうとしています。



子ども達の名前もほとんど憶えてきました。



それと一緒に園までの近道も発見しつつあるミッチーです。



そんな事より大切なのはやはり職場での同僚とどう仲良くするか。



これが大事だと思っています。



実は初対面というのが大の苦手なんです。



でも、話をしないわけには・・・



逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ…


と、自分に言い聞かしボクの他の7人の先生に話しかけます。



やはり敵は多いより少ない方が有利!?と読んで口撃をしかけます。



一人目の先生にアタック!!



ミッチー「A先生趣味とかあるんですか??」



保育士A「ん~特にないなぁ~」



・・・・・・・



・・・・・・・・・



静けさがミッチーを包む・・・



敗北です。



これ以上の攻撃は雰囲気を悪くしそうなので退却です。



ミッチー「あ・・・そぅですかぁ・・・」



作戦を考える暇もなく2人目の先生発見です。



しかし先ほどの失敗を恐れて、なかなか行動に移せません。



逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ…逃げちゃ…


アタック開始!!



ミッチー「B先生、休日の日とか何してるんですかぁ??」



B先生「そやねぇ、買い物に行ったりしてるかなぁ。」



「ミッチー先生は??」





!!???ちょ!!!???



質問返しが来ました。



まさかの展開に焦るボク・・・



休みの日は・・・家でネットやゲームしてます。



なんて言えません。



考えてもいいアイディアは出ません。



しかし聞かれたからには答えるのが人の道!?



ミッチー「家で寝たり、TV見てますかねぇ。」



B先生「ぇ・・・?寂しいねぇ。」





・・・・・・




・・・・・・・・



同情です。哀れみです。



敗北感しかありません。。。



しかしミッチーの仲間探しはまだ続く。。



次回こそ!!!

↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

プロフィール

ミッチー

Author:ミッチー
日々、子ども達の笑顔を追い続ける保育士マン!
こんな保育士マンへの連絡は
hirogers☆hotmail.com
(☆を@に変えてね)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。