2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔への呪文

あの雲の中にある城を落とすには「バルス」の3文字を。。。


子ども達も、とてつもない呪文を知っている。


園にはたくさんの子ども達が来ます。


もちろん喧嘩なんて日常茶飯事なんですが・・・


おもちゃの取り合い・仲間に入れてくれない。etc...


少し気が合わなかっただけで涙があふれてくる子ども達。


それを保育士が止めなければ延々と言い合いをしてしまうんです。


先日もありました。


おもちゃの取り合いで2人の男の子が言い合ってます。


子ども達で解決出来るかな?と少し離れて見ているボク


しかし一向に収まりません。


逆にヒートアップしています。


このまま放っておけば


        曙VSボブサップ (最強決定戦)  



になってしまう恐れが。


そうなる前にそそくさと審判(ボク)登場。


双方に事情を聞きます。


しかし、どちらも自分が悪くないの一点張り。


これは最高裁判所までもつれ込むかと思われたその時。





「ゴメンね。。。」





一人の子が言うと、


「いいよ」
「ゴメンね・・・」



2人の中に何があったのか・・・


その後すぐに2人は仲良く笑いながら遊んでいます。


この告訴時代に発見された一つの呪文「ゴメンね」


大人世界でも適用出来るようになれば、、、


もっと大人達の笑顔が増えるのかも知れませんね。


ちなみにボクはすぐに「ゴメンね」を使います(笑)


↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

逆鱗

 ボクが地元などに帰って「保育士をしている」などと言うと、


周りからはハーレムやなぁ!などと言われる。


しかし、ボクは独身で彼女いない歴○年と○ヶ月を日々更新している。


そんな更新をするよりブログの更新をもっとしていかなければ、


と思い筆(キーボード)を触っている。


ある日子どもに「先生彼氏はいるの?」と聞かれた。


(彼氏)の時点でつっこめるのだが、


確実に彼女の間違いだと理解して「いないよ」と答えた。


子どもは納得したかのように「ふ~ん」と言って去っていった。


この時ボクは気付くべきだったんだ・・・


あんな事件を引き起こしてしまうことを。。。


数分後のことである、


その子はもう一人の先生(以後A先生)の元にいた。


そこで、ボクにした質問と同じ質問をしていた。


A先生に関して言うと年齢は29歳でバリバリ働くキャリアウーマン、


そしてすらっとしていて身長も高く可愛いのです。


ボクは子どもとA先生の会話に聞き耳を立てていました。


「A先生彼氏いるの?」


A先生ははぐらかします、まずは聞こえないフリをして。


子どもはもう1度聞きました。


「A先生彼氏居るの??」


A先生も負けていません。


「なんで聞くの??」


子どもはごり押しです。


「A先生結婚しているの?」


もう彼氏じゃありません。


A先生が結婚していないことは他の先生達も知っています。


A先生は観念したかのように「してないよ」と答えました。


すると子どもは何を思ったのか、


「じゃぁミッチー先生と結婚すればいいねん」無茶をいいます。


聞き耳を立てていたボクは危うく吹き出しそうになりました。


するとA先生は「なんでミッチー先生と!!」キレてます。。。


なんで怒っているのか子どもはサッパリです。


ボクも何故か睨まれています。


しかしこの雰囲気をどうにかしないと。


無茶を承知でボクは会話に突進しました。


「じゃぁ今度コンパでもしましょうか?」


A先生「・・・・・は?」


やはり無茶は、飲茶にはならずに無茶でした。


これ以来A先生への恋愛トークはタブー視されています。


さて、この日の一番の被害者は誰だったのでしょうね。。。


↓押して頂けるとより一層励みます。
FC2 Blog Ranking

プールでの出来事。

 保育士という仕事をしていて、


面白い事はいっぱい。楽しいことはめいっぱいあるのですが、


時には苦い思い出もあります。


その中の一つを今日は書かせて頂きます。


それは今日のような暑い1日でした。


その日は子ども達が楽しみにしていたプールの日


園に来ると、「プールまだ?」と聞きに来る子ども達。


なんと水着のまま登園してくる子もいました。


いくらなんでもやりすぎだよ・・・お母さん。


しかしそれだけ子ども達は楽しみにしていたんでしょう。


実はボクも不謹慎ながら同僚の水着姿が見れるのではないかと


少しだけ期待をしておりました。


そして、待ちに待ったプールの時間が来ました。


プールに入るための注意事項・体操などをしているといるのです。


注意も聞かずにプールに走っていく子どもが一人・二人と・・・


もちろんそれを制止するのもボクの役目!


その二人にはお怒り(任務)を与えます。


ミッション 部屋で着替えている先生を連れてきて(女性)


その二人は走っていきます。


プールサイドは走らないようにと習ったと思いますが、


プールサイドなんてありません。


だって、、、ビニールプールだし。


走っていったことにより、早くも同僚の水着姿が。


いや。。。二人の準備体操も兼ね備えるという一石二鳥の荒技です。


ちなみにその二人は着替えている先生にちょっかいを出して、


泣きながら帰ってきました。


そんなこんなで、プールに入る時がやって参りました。


もちろんボクも水着です。


男性保育士、水着姿の一つや二つ見られても、全然余裕なのです。


ビニールプールとホースからの水しぶきと言う


お粗末なプールですが、子ども達は水とのふれあいを


すごく楽しんでいました。


時間が経つとプールではなく、ホースを使っての水の掛け合いです。


どう考えてもプールよりホースの方が人気があります。


ボクは先生という立場を利用して


少しイタズラをしてやろうと思いつきました。


ホースを手にもち、子ども達を追っかけ回します。


大笑いしながら逃げる子ども達、


もちろんボクは他の先生に水をかけることも忘れません。


子ども達の声に混じる先生達の黄色い声。


そこに、園長先生が見に来ました。


ボクは「あっ!ヤバッ!!」と思いましたがさすが園長、


その手には大きなバケツ!!!


それに水を目一杯入れ子ども達に浴びせかけます。


ボクのイタズラも水に流してくれそうです。


これは何かの修行か!?と思うほど浴びせかけてます。


これには子ども達もたまらず、みんなボクの後に隠れます。


いつの間にやら園長先生VSボク+子ども達になってます。


子ども達にいい所を見せようとホースで敵(園長先生)を狙うと。


ズルッ!!!!!!



後から子どもが・・・・


海水パンツをずり下げました。。。


もぅ降参です。


お粗末なモノを子ども達と同僚・園長先生の前で披露したボクは


戦意喪失です。


白旗を上げるどころかそそくさと海水パンツを上げてます。


そのままプールは終わりました。


いぇ、終わらせました。


その日から2・3日、他の先生達とまともに喋れなかったボク。


きっと今でも語り継がれていることでしょう。。


今後、海水パンツを履く時は絶対にヒモを絞めます!


苦しみから学ぶことで人は大きくなる。


昔の偉い人が言ってそうですが、ボクは言い切ります。


苦しみで縮こまる所もあるんです。


↓押して下さるとすごく励みになります。
FC2 Blog Ranking

勝負

 ボクが働いている所は託児所です。


夏休みという事もあり、小学生も来たりします。


一人の小学生がボクに話しかけてきてくれました。


小学生なりの仲良くなろうという思いからか、


「ジャンケンしよう!」と言って声を掛けられました。


「これはチャンス!!」と断る理由もなくジャンケンモードへ。。。


こうみえても(見えてはいませんが)ジャンケンには少し自信がある。


ジャンケンなんて運だ!と思っている人もいるだろうが、


ボクは生涯勝率6割5分ぐらいを維持しているはずだ!!


して、小学生がが声を上げる。「最初はパー!!!」


????????????????


時が止まった(ザ・ワールド)・・・・ボクはよく考えた

ジャンケンで「最初は・・・」と言えば、


少なくとも98%の人がグーを出すだろう。


その小学生は不適な笑みを浮かべていた・・・


手をこれでもか!!と言うほど開いて。。。


ボクは負けたのか・・・・


いや、勝負に参加すらさせて貰えなかった・・・


小学生、甘く見たり・・・・

«  | HOME |  »

プロフィール

ミッチー

Author:ミッチー
日々、子ども達の笑顔を追い続ける保育士マン!
こんな保育士マンへの連絡は
hirogers☆hotmail.com
(☆を@に変えてね)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。